いよいよ始まる!幼児教育・保育の無償化

2019年10月より、幼児教育、保育の無償化が始まります。子育て世帯にとっては家計が助かるうれしい制度ですが、消費税増税も同じタイミングのため、家計における支出のバランスがどのように変化するか不安な方も多いと思います。

また、無償化について、中身をよく知らないという方も多いと思いますが、お子様が通われている施設によっては無償化にならないケースもあります。

​制度が始まる前に、詳しく知っておきましょう。

保育園

3~5歳児クラスの場合

幼児教育jpeg.jpg

○対象期間は、原則、満3歳になった後の4月1日から(注)小学校入学前までの3年間です。

(注)幼稚園は入園できる時期に合わせて満3歳から。

○通園送迎費、食材料費、行事費等は保護者負担。

ただし、食材料費については、

・年収360万円未満相当世帯は副食(おかず・おやつ等)の費用が免除。

・全世帯の第3子以降は、副食(おかず・おやつ等)の費用が免除。

子ども・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園は、無償化の認定や償還払いの手続きが必要な場合があります。

 お住いの市区町村にご確認ください。

保 育 所
認定こども園

0~2歳児クラスの場合

幼児教育2jpeg.jpg
​住民税非課税世帯は無料

​うちの場合はどう?と思ったら。。。

内閣府のホームページに特設サイトがあります。カラフルで分かりやすくまとめてありましたので、うちってどうなんだろう?とか、誰に聞いたらいいのかな?など、わからないことがあればまずは見てみましょう。